NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の前半を観て

2018年の上半期が終わるのと同時に、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の前半が終わった。
主人公・楡野鈴愛が生まれた1970年代から始まり、前半では世紀末までの鈴愛の人生が描かれた。
鈴愛と同年代の私にとって、ストーリー中に出てくる世情に懐かしさを覚え、10代20代の少女・女性の不器用さに自分を重ねながらここまで観てきた。
『半分、青い。』の脚本は、『あすなろ白書』や『ロングバケーション』などの大ヒット作を生み出した北川悦吏子さん。
思わずテレビにツッコミを入れたくなるようなストーリを書いてくるあたりは誰もが惹きつけられるような作品をこれまで作ってきた人であることを改めて確認することができる。
鈴愛だけでなく、その周りの登場人物もとてもユニークな設定だ。
原田知世さん演じる萩尾和子さんや矢本悠馬さん演じるブッチャーこと西園寺龍之介は、時にギスギスしたストーリーを和ませてくれる。
連続テレビ小説というと、どこか昔の歴史を追いながら観ることが多いが、『半分、青い。』はすっかりトレンディドラマ化しており、NHKだっただろうかと確認をしてしまうこともある。
来年には100作品を迎えるということで、とても面白い作品が今回放送された。
連続テレビ小説はこれからますます目が離せなくなるだろう。
何よりも、『半分、青い。』が後半に入り、アラサーとなった鈴愛がどのような人生を生き、そこにどんなドラマが待っているのかとても楽しみである。

アラサーとなった鈴愛のような女優が出ているAVを無料で見れる方法を記載するサイトはこちら

カトリックなどについて勉強した

16世紀に入ると、ルネサンスはアルプス以北の国々にも広がりました。その精神は宗教改革にも大きな影響をあたえました。一方、科学技術の分野でも著しい進歩が見られイスラーム世界を経由して中国から伝わった火薬・羅針盤が改良されらグーテンベルクが圧搾式の活版印刷術を発明しました。また、コペルニクスやガリレイのとなえた地動説は、人びとの宇宙観や世界観を大きく転換させるきっかけとなりました。カトリック教会は改革を求める声にこたえようとせず、贖宥状の大量販売など世俗化の傾向が著しくなりました。これに対し、ドイツのルターは1517年に九十五カ条の論題を発表して、人は信仰のみによって救われることを説きました。この説によって、教皇の権威や教会組織を否定されることをおそれたカトリック教会は、ルターを破門しました。彼はギリシア語原典から「新約聖書」をドイツ語に訳し、民衆が聖書を読めるようにしました。この間、ドイツではルター派とカトリック派の諸侯の対立から内乱がはじまりました。この内乱は、1555年に結ばれたアウクスブルクの和議によって一応の決着を見て、ルター派の信仰はドイツ北部と北ヨーロッパ諸国を中心に広まりました。

理由も無く落ちるネットに困らされる

今日もいきなりネットが落ちた。しばらく繋がらなくなってから、ダウンしてしまう。そんな事が何度もある。うちの回線は遅いからしょうが無い。そう思っているけど、きちんと繋がって欲しい。それも落ちる時は決まって仕事で使っている時だったりする。どうしてなんだろう? 仕事で使う容量が重いからな。そのせいでやり直しになってしまったけど。腹立つな。
あそこまで200文字ほど打っていたのに、それが止まった途端に心配になる。このまま落ちたら被害に遭う。どうか復旧してくれ。そう願っているけど、それはなかなか敵わない。やはり落ちたんだ。こうしてネットが落ちると共に仕掛かり作業も消えてしまう。あれだけ頑張って書いたのが水の泡になる。それでがっかりする。
こんなことになったらやりきれないな。どうして狙われるんだろう。それがわからない。誰かのターゲットになってウイルスでもばら撒かれたのか。そう思ってウイルスチェックで見てみるけど、出てきたことがない。それを見たら、思い過ごしなんだけど。
こんなやりきれない気分になったら、ヤリキレナイ川に行きたくなる。北海道の田舎にある川だけど、それを見て気持ちを落ち着けたいな。そうしたら、すっきりしそうだ。
でもそんな暇ないから、また仕事をしないと。どれだけネットで苦労しても働かないといけない。

ネットに困っているときにいいサイトを見つけた。これからはこのサイトをBookmarkに入れて色々いじってみたいと思う。

 

今の時代に、

大学時代にノートパソコンを買って、様々なところで利用出来るようにネット環境はポケットWiFiで過ごしていました。

大学は23区じゃないにしても東京都内だったので、ポケットWiFiでもなんら不便なく利用していました。

卒業後、地方で就職。どうせ異動やら引っ越しやらあるだろうし、あえてインターネットは引かないで、そのままポケットWiFiを使い続けています。
引っ越した部屋では特に不便なく使っていたのですが、
最近結婚して旦那の実家に入り浸るようになると、
なんとポケットWiFiが圏外。
私の部屋は2階だからか、すこーし街に近いからだったのか、街から少し離れた旦那の実家は平屋で、携帯の電波はなんら問題はないのにWiFiだけが圏外。
この時代に、ポケットWiFi振ってみたり、窓側に近づいてみたり、一昔前にみんなが携帯の電波を探しながらしていた行動をとっても電波はなし。
まぁ義実家でパソコンを使う用事もそんなに多くないから問題ないといえば問題ないのですが、使えるのに使わないのと使えないのとでは気持ちが違いますよね。
だいたいのことはスマホで済むけど、やはりパソコンも必要になるし。
都会では繁華街にいけば、通信会社に声をかけられることも多かったけど、田舎じゃそうもいかないし。
通信手段についてもう少し考えないといけないのかなぁと感じています。

誰かツイッターのフォローをしてくれよ

ツイッターを始めたのはいいが、フォロアーが増えていかない。色々書いているけど、誰もフォローしてくれない。不思議なくらいに数が増えていかない。何を書いても反応が無い。それを見たらツイッターってこんな物かと思っているけど。
有名人は、つまらん芸人でもそれなりにフォロアーがいるけど、素人だと、増やしようがないのかな。知り合いくらいしか押してくれないとか。そうだとすると、やってられないけど。こんなことで悩むのも馬鹿馬鹿しい。
ツイッターって有名な人にとっては良いツールだけど、無名の人間にすると、意味の無い無駄な物かも。そう思ってしまう。そうだとすると、やるだけ時間の無駄になってしまうけど。どうなんだろう。
これは知り合いに内緒で始めているから、誰にも場所を教えていないのだけど。そのせいか、ほとんどフォローされていない。認知されていないのかな。どうしてここまで来ないのかわからない。もちろん知り合いに教えたら、その分だけ人数が増えるのだけど。誰にも知られずに好きなように書きたいから教えたくない。
そうなると、フォロアーを増やすのも難しそうだ。この展開を変える方法なんて考えられない。こうなったらどうするか。もうツイッターを止めようかと真剣に悩んでいる。

Wi-Fiルーターの容量も考えるべき

会社でWi-Fiルーターが故障した為、代表がWi-Fiルーターを家電量販店で購入してきたのですが、凄く繋がりも遅かったりするのでおかしいと思い、ホームページ等を作成してもらっている業者の仲の良い担当者に確認してもらったところ、ワンルーム用のもののようだとの事でした。
恐らく、本体が安かったという点でわからずに購入したのではないかとの事でした。
普通であれば、会社に取り付けるこうしたネット環境に必須となるものをケチったり、安いからと通常の家電量販店で購入するというのもおかしな話で
ネット環境が悪ければ、仕事にも影響が出る事くらい想定の範囲内の事です。わからないのであれば専門業者に頼むなどすれば済む事です。
繋がりが悪い、ワンルーム用だという事も伝えましたが、代表は自分はサクサク動いているから気にならないと変えてくれる様子もありません。
自分はサクサク動いていると言っても、会社にどのくらい滞在してるか、ほんの1時間程度居るだけで、仕事といってもほとんどしていません。重要なのは日々何時間もネットを使い仕事をしている私達が仕事の効率をあげる為に本来ならより良い環境に努めるべきであると思います。
ネットが悪いと、顧客等のレスポンスも悪くなり、とても効率が悪い、また買い換える事になってしまう方が無断であり、安物買いの銭失いだと思います。
安定した供給は会社の場合は必須です。