ヨーロッパなどについて勉強をした

ルターに続いてスイスで改革を進めたフランス人カルヴァンは救いは神によってあらかじめ定められていると説きました。彼はそれを確信する手段としての勤労を進め、蓄財を肯定したためこの教えはイギリス・フランス・オランダの商工業者を中心に広まりました。カルヴァン派の信徒はイギリスではピューリタン、フランスではユグノーとよばれました。ルターやカルヴァンを支持し、カトリック教会を否定する人びとはプロテスタントと総称されます。一方、カトリック教会もトリエント公会議で教皇の至上権などを確認すると同時に内部の改革を進め、新教徒に対抗しました。この過程でイグナティウス=ロヨラらを中心に結成されたイエズス会は、積極的にヨーロッパ内外での布教活動を進め、1549年にはフランシスコ・ザビエルが日本にカトリックを伝えました。1685年にドイツ中部のアイゼナハで熱心なルター派信徒の両親のもとにうまれたバッハは、今日「近代音楽の父」などさまざまによばれ、バロック音楽を集大成した作曲家として知られています。しかし、同時代には教会付きのオルガニストもしくは合唱指揮者として有名な人物であったようで、偉大な作曲家として注目されるのは、19世紀に再評価がなされて以降のことです。

今日の私

今日の私は
アイスコーヒーが飲みたいなって
思ったけど
明日買いに行こうかなって思って今日は
買いに行かなかった。

アイスコーヒー、
アイスカフェラテを
毎日飲みたいってなる

めちゃくちゃ
アイスコーヒー、アイスカフェラテに
愛を感じてる。

すきすきってなるから
の!み!た!い!ってなる。

ほんま
アイスコーヒー、
アイスカフェラテ辞めれない

めちゃくちゃ大好き過ぎてやばい。

飲むたびに幸せを感じる

アイスコーヒー、
アイスカフェラテ愛しすぎて幸せ。

アイスコーヒー、
アイスカフェラテ大好き過ぎて幸せ過ぎて
毎日毎日飲みたいって思う。

この世の中に
アイスコーヒー、アイスカフェラテ
あることが
どれだけ私にとって幸せかわかるから
物凄く幸せで大好き。

アイスコーヒー、
アイスカフェラテが好き過ぎてほんま
毎日飲みたい。

アイスコーヒー、アイスカフェラテ

出会えたことを私は感謝している。

だから
毎日飲みたいって思う。

アイスコーヒー、アイスカフェラテは、
私の大好きな飲み物だから
これからも
アイスコーヒー、アイスカフェラテ

飲み続けて行きたいと思ってる。

世の中に
アイスコーヒー、アイスカフェラテを
作ってくれた人にほんま感謝している。

ありがとう。

アイスコーヒー、アイスカフェラテ大好き

 

アイスコーヒーやアイスカフェラテを超越したバイアグラが通販、特に楽天やAmazonで売っているといううわさ

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の前半を観て

2018年の上半期が終わるのと同時に、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の前半が終わった。
主人公・楡野鈴愛が生まれた1970年代から始まり、前半では世紀末までの鈴愛の人生が描かれた。
鈴愛と同年代の私にとって、ストーリー中に出てくる世情に懐かしさを覚え、10代20代の少女・女性の不器用さに自分を重ねながらここまで観てきた。
『半分、青い。』の脚本は、『あすなろ白書』や『ロングバケーション』などの大ヒット作を生み出した北川悦吏子さん。
思わずテレビにツッコミを入れたくなるようなストーリを書いてくるあたりは誰もが惹きつけられるような作品をこれまで作ってきた人であることを改めて確認することができる。
鈴愛だけでなく、その周りの登場人物もとてもユニークな設定だ。
原田知世さん演じる萩尾和子さんや矢本悠馬さん演じるブッチャーこと西園寺龍之介は、時にギスギスしたストーリーを和ませてくれる。
連続テレビ小説というと、どこか昔の歴史を追いながら観ることが多いが、『半分、青い。』はすっかりトレンディドラマ化しており、NHKだっただろうかと確認をしてしまうこともある。
来年には100作品を迎えるということで、とても面白い作品が今回放送された。
連続テレビ小説はこれからますます目が離せなくなるだろう。
何よりも、『半分、青い。』が後半に入り、アラサーとなった鈴愛がどのような人生を生き、そこにどんなドラマが待っているのかとても楽しみである。